相続問題で相続人同士がトラブルを起こしてしまう原因の一つに、相続人の誰か1人が被相続人と生活をしていて同居して面倒を見ていた分、自分たちの分油分が他の相続人よりも多いと主張したケースがあります。
同居しているからといって必ずしも自分たちの分与分が多くなるなどという決まりはありませんので、基本的には平等に相続人として分割するのが良いのですが、やはり同居していて長年に渡り被相続人の面倒を見ていたという立場の人にしてみれば、他の相続人より少しでも多くの御財産を受け取っても良いはずだと言う主張をしてくることが不思議な事ではありません。
経済的な部分だけでなく、生活全般を同居していた相続人が世話していたといったケースでは、やはりこのような部分で考慮されるケースがほとんどですので、こうした問題が起きてしまった時には税理士に相談すると良いでしょう。

これまでのケースなどを参考にしながら分割方法について適切なアドバイスをしてもらうことができます。
自分たちでいつまでも揉めているだけでは相続問題が解決しませんので全員が嫌な思いをしなければなりません。

被相続人の意向もしっかりと考える

上記のように、相続人同士の中で問題が起きてしまった時には被相続人がどのように思っているのかについて考えなくてはなりません。
遺言書などが残っていれば、遺言者の通りに分割することができるのですが、特に遺言書が残っていなかった場合には同居して面倒みてもらっていたことに対し、被相続人が感謝をしているのか、それとも同居している中で例えば頻繁な嫌がらせなどがあり、被相続人がとても嫌な思いをしていたのかなどの部分も重要なポイントになってきます。
被相続人としても同居していた相続人に感謝する気持ちがあり、他の相続人よりも多くの財産を残したいと思っていれば、生前から遺言書を残しておくと良いでしょう。

同居していた人が他の相続人よりもたくさんの財産を受けるケースはたくさんある

どのような形であれ被相続人と同居していた相続人というのはやはり他の相続人に比べると少しでも多くの財産を受け取るといったケースがほとんどです。
最初にも書いたとおり様々な部分で世話をしていなければならず、被相続人と同居することによって自分たちの生活に少なからず支障が出たり、影響があったり、我慢があったりということが考慮されるため、最終的には他の相続人よりも多くの分与分を受け取る傾向にあります。
しかしこれはあくまでもこうしたケースがあるというだけですので、どうしても他の相続人が納得できないというのであれば十分な協議を行った上で平等に分割するといった方法でもよいでしょう。

また金銭的な部分では平等な分割を行った上で被相続人が残してくれた車をはじめとしてその他家などについては、同居していた相続人がそのまま引き受けると言った分割で結果的に他の相続人より多くの財産分与を受けたという形で協議を終了させるケースもあります。
どのような財産が残っているのかによってもこうした問題の解決方法は変わってくるのですが、同居していたからといって極端に他の相続人よりも相続分が多くなってしまうと当然ながらトラブルに発展してしまいますので、こうした部分は生前から被相続人とは十分な相談をしておいた方が良いのかもしれません。
例えば同居していたお子様に対しては、相続協議の際に他の相続人と平等な分割を行うと言った方向で表面的には進んでいても、実際に生前から面倒を見てくれた被相続人に対し、生前贈与を行っていたり、さらにお孫さんがいるといったケースでは、同居しているお孫さんに様々な形で自分の財産を少しずつ分けて残してあげるなどといった方法もあります。